社内SEへの転職についての考察

2019年8月23日 CEO 0 Comments

https://www.liber.co.jp/knowhow/column/column869.html

こちらの記事を拝読して。。率直な感想として。。

「社内SE」
の扱いってうちの会社・業界だけでなく、どこの業界も一緒なんだな。

「じゃあ、仕方ないか」で、妥協・納得したくはない。

大事なのは、

  1. 社内SEに任されている範囲
  2. 実業の内容

1.社内SEに任されている範囲
単なるヘルプデスクだけやっていたのでは、市場価値を上げることはできない。
管理・運用・保守がメインではなく、自社開発(ユーザー系SI企業)でコードをゴリゴリかける企業の方が価値が上がる。
https://doda.jp/engineer/it/tokushu/usersi.html

2.実業の内容
実業が安定かつ興味がある業界でないと、長く続けられない。
実業(または親会社)が利益を上げていないと、システムに投資すらできない。
利用者・ユーザーの意見を取り入れて、システムを構築するワケだから、
そもそも関心の沸かない業界ならやめた方がいい。

それにしても社内SE->社内SEへ転職ってどうなんですかね。
普通はSIerやコンサル会社からの転身が多いみたいですね。