Not Craftsman

2019年5月12日 CEO 0 Comments

一つのことだけしか出来ない人間はやがてAI換価されてしまうでしょう。職人の時代は終わりです。
いろいろなものを掛け合わせ,掛け持ちしてこそ生き残れると思う。
悪い意味じゃない。2刀流が当たり前になる。
代替えが効かない人間になろう。
今はそう思えている。
辛くて、厳しい壁があるときもあるけど、それを超えられると、また楽しい。
大学のC++で一度は挫折したが、やっぱり俺にはこれしかない気がする。IT系の資格だって順調に取れてきた。興味があるし、知識が増える事が楽しい。
思い通りに動いた時は気持ちがいいし、エラーばかり続くと苦しくなる。
今までの人生でやっと「これだ」と思えるものに出会った気がする。
歩みは遅くてもいい。いきなりスゴイもの作ろうと思わなくていい。挫折しないように1歩ずつやって、続けられるようにしたいと思う。
作りたいプロダクトが続く限り、やっていけそうだと思う。
自分が求める会社 もう妥協はしたくない、しなくていい?
2020年以降、日本経済がどうなるか?
今以上に良くなる見込みは、ハッキリ言ってないだろう。
これ以上、あまり給料も変わらない。やっぱり副業だろう。違反でもいい。クビになってもいい。それぐらいの覚悟でやっている。
堅苦しいスーツ、着慣れていない、持っていないものを着て作業するのはヤダ。
かと言って汚い作業着を着てやるのも、もうヤダ。
快適な職場環境も求めます。湿度・空調の効いた部屋がほしい。
ホコリ・乾燥・寒暖差が激しい、作業場はイヤ。
”年配のSE”についての考察と同様に
雑食系エンジニアのKENTAさんのyoutubeより

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です