Rubyでスクレイピング2

2020年3月18日 CEO 0 Comments

前回のつづき。

対象となるサイトのtableから値を拾い出してCSVに吐きます。

require ‘nokogiri

require ‘open-uri’

require ‘csv’

url = “http://www….”

doc = Nokogiri::HTML.parse(open(url).read, nil, “CP932”)
#文字バケ対策?

datas=[]

doc.xpath(‘*//table//tr/td’).each do |node|
puts node.content
data = node.content
datas.push(data)
end

CSV.open(“datas.csv”, “w”) do |csv|
csv << datas
end

吐いたデータが文字化けしてますが、数値は拾えました。

なんかいいかも。