YAMAHA RTX1200(VPN router) Command Line -2-

2020年3月20日 CEO 0 Comments

学習したことの自分メモ

やりたかったこと

・ルーターのログを確認したかった。

方法とかメモとか

ログを確認するには外部にログをはいて、受信する。

ログの受信にはLinux系がよい。

Windowsでも受信できるが、フリーソフトなどが必要みたい。

ということで、公式サイト や先人のお知恵を借りながら進めてみた。

router側

ログインして管理者モードでログをはく先の

IPアドレス、ファシリティ(?)、ログモードを設定して保存。

Linux側(CentOS7)

Windowsしかないので、VMware上に構築。

ファシリティの設定やら、Firewallの開放やら、デーモンの設定やら、

SELinuxの設定やら、とにかく色々やってみるが、受信できず。。

挙句の果てに、誤ってファイルを削除してしまったので、

仮想環境ごと削除してやり直し。。

-参考サイト-

http://www.gadgets-today.net/?p=2180

http://www.marronkun.net/network/yamaha/rtrtx_000051.html

ググれば結構出てくるんですが、

まだまだLinuxの知識が不足しているせいか、

受信までは至らず残念。。

それでも上記の記事を読んで、見様見真似でもやれていること自体が

自画自賛してもいいんじゃないかと思ってる。

インフラ関係はあんまり触ってないからね。

それでもよい経験や勉強にはなったよ。